ゼニカルの知っておきたい副作用

ダイエットに効果的なゼニカルの副作用についてご紹介致します。 - ゼニカルの知っておきたい副作用

ゼニカルの知っておきたい副作用

内臓脂肪を落とすことができるというゼニカル。
注目しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ゼニカルは、サプリメントではなく薬品ですので効果もじゅうぶんに期待をすることができるのですが、一方で副作用という問題もあるでしょう。
そこで、今回は具体的な副作用について考えていきましょう。

腸に関する副作用について

まず、腸に関する副作用についてです。
これは、比較的に軽度の副作用ともされています。
具体的な症状としては以下のようなものが考えられます。

  • 下痢
  • 便とともに脂が排出される
  • おならが増える
  • おならとともに便が出てしまう
  • 急に便意をもよおす
  • 便を失禁してしまう

などといったものです。
これら症状についてですが、ゼニカルの服用を始めてから「3か月以内」に起こるともされていますが個々の体質などによって変化するでしょう。
とはいえ、こうした症状が継続的に続くわけではありません。
多くのケースには1週間から4週間程度で軽減するかと思います。
お腹が緩くなってしまい、便を失禁してしまうなどという場合には外出にも不安が出てきてしまうかもしれません。
そのような場合には、ナプキンやパッドなどを利用すると安心でしょう。

ビタミンの欠損について

ダイエット中

ビタミンA・D・E・K・ベータカロテンが不足しやすい体内環境になるということも考えられるでしょう。
なぜ欠損してしまうのかという点ですが、これらビタミン類は脂肪とともに体内に吸収されるものなのです。
その吸収を抑えるゼニカルを服用するという事は自然とこれらについても吸収を抑えてしまうということになってしまいます。
だからこそ欠損状態に陥ってしまうのです。
特に、毎日ゼニカルを服用しているという場合には補う方法を考えるようにしておくことをおすすめします。
例えば、ドラッグストアなどで売られているビタミンサプリメントを同時に摂取することです。
ゼニカルとサプリメントの飲み合わせについては一切の問題がありませんのでこうしたものを取り入れながらバランスを整えていきましょう。
ただし、ゼニカルを服用後2時間ていどは間隔をあけてサプリメントを取り入れるようにしてください。

重篤な副作用について

身体がだるい・皮膚が黄色くなるなどという肝障害。
手足がむくんだり血尿が出たりという腎臓障害。
腹痛や吐き気といった胆石症症状。
膵炎や血便・アレルギーなどといった症状。
これらは重篤な副作用として考えられています。
というと、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんか、これら症状は非常に稀であるとされています。
用法容量を守り、医師と相談をしながら服用をしていただくことが大切です。

もし副作用が気になった場合

ダイエットに挑戦しようとしている男性たち

軽度のものであっても、長期間続いてしまうと身体的・精神的につらいと感じられるかもしれません。
もし、副作用が気かがりだ・何らかの対処をしたいという場合には、一度服用を中止し、早い段階で医療機関にて相談をすることをおすすめしたいと思います。
量の調整や代わる薬剤の処方など、適切な処置を受けることができるでしょう。

ゼニカルの副作用について知ること

今回は、ゼニカルの副作用について考えていきました。
どのような薬剤にもこうした副作用はつきものとなっていますので、知識として持っておくと、安心した治療環境を作っていただけることと思います。
また、服用の際にはこれらについて納得をしておくことも大切といえるでしょう。

上手く痩せたい人のために

ゼニカルはコチラのサイトから海外から個人輸入することができます。
ゼニカル
■http://www.168webshop.org/medicine/diet/xenical.html

Copyright(C)2017 ゼニカルの知っておきたい副作用 All Rights Reserved.