服飾専門学校を受験する人必見!好印象をゲットできる志望動機の書き方

服飾専門学校を受験する人必見!好印象をゲットできる志望動機の書き方
専門学校では願書と一緒に志望動機を提出する必要があり、その志望動機は合否に大きく影響します。そこで読み手に好印象を与える志望動機の書き方を紹介します。志望動機がうまく書けない人は参考にするといいでしょう。

服飾専門学校を受験するなら志望動機を必ず書かなくてはいけません。しかしどんなことを書けばいいか分からず悩んでいる人も多いでしょう。そんな悩める受験生のために好印象をゲットできる志望動機の書き方をお教えします。

自分について考えてみよう

志望動機を書く上で一番大切なことは自分について考えることです。「なぜ服飾を学びたいと思ったのか」や「卒業後はどんな仕事に就きたいと思っているのか」など、まずは思いつくままに書き出してみましょう。
例えば「自分デザインした服を作りたいと思ったから」や「服が大好きだから」など、些細なことでかまいませんので、服飾を学びたい理由を書き出せるだけ書き出しましょう。理由が書き出せたら次は書き出した内容を将来の夢に繋げていきます。
「将来はデザイナーになって着るだけで元気がでるような洋服を作りたい」などでも問題ありませんので、自分の中にある思いを膨らませましょう。

学校を徹底的に調べよう

自分について考えた後は、学校を徹底的に調べましょう。取り寄せした資料を見てカリキュラムや卒業後の就職先、就職率をしっかり確認しましょう。学校によってカリキュラムは異り、授業内容や科目数、教員のレベルなども全く違います。自分が修得したい知識や技術を得られるところかきちんと見極めましょう。
また卒業生の就職先や就職率も重要です。自分が目指す職種へ就職しているか、どんな企業に就職しているかなど、細かくチェックしておきましょう。服飾専門学校は東京や大阪をはじめとする全国各地にあるので、興味のあるところはすべて資料請求をして比較してみましょう。数ある学校から自分で「ここに通いたい!」と選んだところであれば、入学したい理由も簡単に書くことができるはずです。

志望動機を書こう

自分や学校のことをしっかり書き出したら、「目指す職業とその理由」「在学中に学びたいことと学校を選んだ理由」「将来どんな人になりたいのか」という志望動機に必要なポイントが書き出せている状態なので、後はそれらをまとめるだけです。まとめ終わったら、一度内容と文体がおかしくないか先生にチェックしてもらいましょう。
志望動機は専門学校の入試ではとても重要視されるポイントなので、面接でもしっかり答えられるようにしっかり自分の考えをまとめておきましょう。そうすれば必ず好印象がゲットできるはずです。

関連する記事

関連記事