ゼニカルの知っておきたい副作用

ダイエットに効果的なゼニカルの副作用についてご紹介致します。 - ゼニカルとビタミン欠損による影響について考える

ゼニカルとビタミン欠損による影響について考える

ゼニカルの副作用の1つとして「ビタミン類の欠損」が考えられています。
ビタミンは食事からでも何気なく摂取しているし重要視していないという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、欠損による影響は出てしまいますので、補っていくことが大切なのです。
そこで、ビタミン欠損について考えてみましょう。

ゼニカルとビタミンの関係性

ゼニカルを継続的に摂取することによってビタミン類が欠損してしまいます。
特に「脂溶性ビタミン」が足りなくなってしまうのです。
これは、ゼニカルが脂肪の吸収を抑制するという作用から生まれるものでもあるのです。

脂溶性ビタミンが不足してしまうと

脂溶性ビタミンが不足すると以下のような症状がみられます
・目の渇き
・肌が荒れる
・風邪をひきやすくなるなどといった免疫力低下
・骨が弱くなる
・血行が悪くなり冷え性や肩こりなどを起こしやすくなる
・月経不順
などといったものになります。
場合によっては生活に支障をきたしてしまうというケースも考えられるのです。

できる対策をしっかりと行うことが大切

ゼニカルを服用したい・しているという場合、欠損したビタミンを補っていくようにしましょう。
お食事からでも補うことはできるのですが、毎日必要量をそれらで摂取していくことは難しいとも考えられます。
ですので、総合ビタミン剤を取り入れていくことがおすすめです。
ゼニカルとビタミン剤との服用時間を2時間程度あけて服用してください。

ビタミン欠損について知る

聞きなれている言葉のビタミンですから、重要視しないという傾向も出てしまうようです。
こうした欠損における影響を考えることによって、じゅうぶんに補っていくことの大切さをご理解いただけるかと思います。

関連する記事

Copyright(C)2017 ゼニカルの知っておきたい副作用 All Rights Reserved.